クリームとマッサージ

シミ取りのクリームをただ塗るだけではなく、縫ったお肌をマッサージしてあげることで、さらにその機能の精度は増します。マッサージによってお肌のターンオーバーが活発になり、シミが消えやすくなるのです。

化粧道具とケース

お肌の潤いを保つ

シミ取りのことばかりを考えるあまり、お肌の潤いを保つことをおろそかにしてはいけません。シミは出来ない代わりに、おもしろみのない精彩を欠いたお肌になってしまいます。保湿にも、充分注意しましょう。

まつげのメイク中の女性

ドクターズコスメ

シミ取りのクリームの中には、美しいお肌をつくりだす専門家である美容皮膚科の先生が開発にたずさわった「ドクターズコスメ」と呼ばれるタイプのアイテムがあります。クリニックで治すみたいに、キレイにしてくれます。

黒い服の女

肌の調子を整える

アイシャドー

乾燥や出来物など肌の調子が悪く見られた場合にはスキンケアをしっかりと行うことが必要で、最近ではラフィーネパーフェクトワンなどの美容グッズが多くの人に愛用されています。

シミの成り立ち

化粧のブラシ

目立つシミはどうしてできるのか

30代辺りから肌に薄茶色のシミができるようになってきます。 できてしまったシミはかなり昔に浴びた紫外線のダメージが蓄積されたもので、通常だとターンオーバーで排出されます。 しかし、一定以上の紫外線を浴びてしまうと、肌にメラニンが作られやすくなり、代謝が低下してくる30代になれば、シミが排出されにくくなって肌に定着してしまいます。 ごく薄いシミならば、美白クリームでシミ取りをすることが可能です。 しかし、シミができてから長かったり濃くなってしまった場合には、一般の美白クリームでシミ取りをするのはかなり難しくなります。 できてしまったシミに働きかける成分が配合されたクリームで、こまめにケアしていくことが大切です。

ハイドロキノンについて

美白成分には様々なものがありますが、その大半が新たなシミを予防するタイプのものです。 紫外線を浴びるとメラニンが作られて、それがシミの原因になってしまいます。 ほとんどの美白成分はメラニンを作るのを阻害して、新しいシミを予防する効果が高いですが、すでに肌にできてしまったシミ取り効果は持っていません。 唯一シミ取り効果があるのがハイドロキノンという成分です。 新たなシミを予防する効果に加えて、既にあるシミを薄くする漂白効果を持っています。 シミを消したいという積極的なケアをするなら、ハイドロキノン配合のクリームを使用するのが良いでしょう。 肌に刺激の強い成分ですが、クリームの種類によっては肌に穏やかな作用をするものもありますので、お試ししてから使うのが最適です。

バストアップをしたい

化粧グッズ

多くの女性がバストアップを望んでいて手術で実際にバストアップをしたと言う人もいますが、近頃ではサプリメントでバストアップをしたという人も大勢いますのでサプリメントの服用も考えることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加